女性の目

切開は美容整形

女性の目

二重まぶたにすることができる美容整形は埋没法のほかにも、もうひとつあります。それは「切開法」です。切開法は埋没法とは異なりプチ整形ではありません。そのため、費用が高くなってしまいますが、その分かなり満足できる効果を得ることができます。そのため、二重まぶたに憧れている女性のなかには、最初から切開法を選択する人も多くいます。そこで、ここでは切開法の特徴とメリットをご紹介します。

切開法では糸を使用しません。使用するのは代表的な医療器具である「メス」です。切開法はその名の通り、切開することで二重まぶたを作っていく施術であるため、メスは皮膚を切開するために使用します。この特徴により、「切開法は痛そう」、「切開法は怖そう」などと感じる人もいますが、実際に切開する幅は約1~2センチ。施術の際はしっかりと麻酔を施すため、痛みを感じることはそれほどありません。また、この幅は施術後の見た目に影響を及ぼすほどでもありません。そのため、安心して施術を受けることができます。

切開法が持つメリットには「半永久的に二重まぶたを得ることができる」という点が挙げられます。埋没法は糸が切れてしまったり、体内に溶けてしまったりすると、二重まぶたを維持することができないため、再度施術を受ける必要があります。一方切開法は、一度施術を受ければ、その効果を半永久的に得ることが可能なため、再度施術を受ける必要がありません。そのため、「これから先の人生、二重まぶたで生きていきたい」という人がいるのであれば、切開法を選択することをおすすめします。

このような特徴と魅力を持つ「切開法」。埋没法のつぎにポピュラーな二重まぶたの美容整形として、多くの美容外科で扱っています。美容外科によって、施術にかかる費用が異なる場合があるため、事前に確認し、お財布と相談しながら美容外科を選ぶことが大切です。
優良な美容外科を利用し、切開法を通してきれいな二重を手に入れましょう。